大切にしたいこと

社是

スタートライズが考える企業価値とは、永続的にハピネスを提供していくことであり、
成長や利益はそのための手段であると考えております。

つまり、かかわるすべての人(顧客・パートナー、エンドユーザー、社会、私たち)の
ハピネスの総和こそが企業価値となります。

いい会社とは
売上、利益などの経営数字が良いというだけでなく、会社にかかわるすべての人々が、何気ない会話の中で 「いい会社ですね」 と言ってくださる会社です。

「いい会社」 は自分たちを含め、すべての人々をハッピーにします。
だからこそ、「いい会社」 を作るように心がける必要があります。

企業は本来、すべての人(顧客・パートナー、エンドユーザー、社会、私たち)にハピネスを永続的に届けるためにあるべきです。すべての人にハピネスを永続的に届けるためには、社員が幸せであることが必要だと思います。

私たちは、社員が物心両面でより一層の幸せを感じるような会社をつくり、永続すると同時に、三方良しの精神で顧客、パートナー、エンドユーザーにハピネスを届け、雇用・納税などを通じて社会貢献をしていきます。
だからこそ、売上や利益の大きさよりも、会社が常に輝きながら永続することにつとめます。
顧客・パートナー、エンドユーザー、社会のハピネスのために
スタートライズにとって 「あるべき本来の姿 」 とは、「社員が幸せになるような会社をつくり、顧客・パートナー、エンドユーザーが幸せになるようなサービス/商品を届け、それを通じて社会に貢献する」 ことだと思っております。

このため、顧客・パートナー、エンドユーザーのハピネスを考えるためには、まず顧客の利益のみでなくパートナー企業の利益も考えて実行していくことで、ポジティブ・スパイラルが生まれます。その結果、情報とお金がより良く循環し増大すると思っております。

強くそう願い、それを徹底的に実行することでエンドユーザー・社会にもハピネスを届けることができると思います。
社員のハピネスのために
スタートライズにとって 「あるべき本来の姿」 とは 「社員が幸せになるような会社をつくり、顧客・パートナー、エンドユーザーが幸せになるようなサービス/商品を届け、それを通じて社会に貢献すること」だと思っております。

社員のハピネスを考えるためには、まず会社を家庭と同じように考え、そこで働く同僚は自分の家族と考えることが大切です。食べ物が少なくなったからと言って、家族のだれかを追いだして、残りの者で食べるということはありえません。会社も同じです。家族の幸せを願うように社員の幸せを願う経営が大切だと思っております。
また強くそう願い、それを徹底的に実行する事で、顧客・パートナー、エンドユーザー、社会にも好循環が生まれてくると確信しています。
スタートライズ一家の心がけ
かかわるすべての人(顧客・パートナー、エンドユーザー、社会、私たち)にハピネスを届けるいい会社にするための、スタートライズ一家の心がけ
  • 日々ハピネスを届ける。
  • 三方良しを常に持て。
  • ファミリーとしての意識を強く持ち、公私にわたって常に助け合おう。
  • コミュニケーションに気を配り、オープンで誠実な人間関係を築く。
  • 感謝の気持ちを持って、ポジティブに人と接しろ。
  • 新しい価値、楽しさを創造し、エキセントリックになれ。
  • 学教(学びと周囲へ教えること)と成長を追求せよ。
  • 最大の効果を上げるために、必要な最大投資を行うこと。
  • 変化の常態化を容認し、利用しろ。
  • 謙虚であれ。